〈愛・ビーツ〉って? | あいべつショップ

硝酸塩摂取による
一酸化窒素(NO)の血管拡張作用で

様々な効果が期待できます

・血流が改善する為心肺機能を強化

・血圧を下げる

・血栓の発生予防

・血流改善による疲労回復


    葉酸は、妊活中・妊娠初期には
    通常摂取量240μgに加えて
    400μgの摂取が推奨されています


    一日の摂取量をビーツで換算すると
    ビーツ100gあたり
    110μg含まれているので
    400g(約1玉)となります


ポリフェノールの理想的な摂取目安は
1日1,000~1,500mg以上と考えられていますが
日本人女性の平均摂取量は1日800mg程度

ビーツには100g中80mg含まれていますので
いつもの食事にビーツ300gほど追加で摂取すると理想量に届きますね

さらに、皮には2.5倍以上も
ポリフェノールが含まれているので
皮もうまく調理して食べられると
効率よく摂取できます

● 愛別町で栽培しているビーツの愛称

愛別町では2015年にビーツの試験栽培を開始しました。
さまざまな品種を試し、2019年にシリンドラ種に固定。
現在では約15軒の農家がシリンドラビーツ、愛称「愛ビーツ」を栽培・出荷しています。


● 土くささの成分ゲオスミンが少なめ

ビーツ特有の土くささの正体はゲオスミンという有機化合物。
シリンドラ種は、試験栽培でゲオスミンが少なく食べやすかったことから選ばれました。
酢漬けにしたり、火入れをすると、さらに土くささが薄まります。


● 流通の少ない貴重なシリンドラ種

国内で流通するビーツの大半は、ダークレッドに代表されるカブのかたちのデトロイト種。
しかし、愛別町の生産者は土くささが少なく細長いほうが調理に使いやすいと判断し、「愛ビーツ」はシリンドラ種で統一しました。

● ふるさと納税の返礼品で人気に

愛別町ビーツ振興会が地道に栽培していたビーツは愛別町のふるさと納税の返礼品になり、土くさくなく食べやすいビーツとの評判から希望者が増加。
町内でも関心が高まり、栽培の輪が広がりました。
2018年にはブランドを立ち上げ、〈愛・ビーツ〉として積極的な商品展開を進めています。

上のリーフレットのPDFにうまくリンクできないときは、こちらのページでダウンロードしてください。